医者

リハビリで治せる脊柱管狭窄症|症状に合わせて対処しよう

遅い進行に注意

男性

胃に違和を感じて急性肝炎や慢性膵炎の治療を進めていくうちに、胃がんだと判明する事例があります。他の病気と間違えられてがんの発見が遅れることがあるので、胃が不快に感じたらがん検診を受けるようにしましょう。初期で発見されればされるほど、手術は成功しやすいようです。

詳細へ

化学療法で治そう

女の人

胆管がんの精密検査方法には次の2つがあります。CTスキャンによるものと超音波検査です。特に、前者は身体の隅々まで調べられます。治療方法としては、全身に効果がある化学療法が代表的なものです。テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウムという薬が用いられます。

詳細へ

在宅で看取りたい

医者

信頼関係のあるかかりつけ医がいて在宅医療を検討しているのなら、かかりつけ医に打診してみましょう。ご健康に過ごされてきて、かかりつけ医がいない場合やかかりつけ医が高齢などの理由で断られた場合には、情報を探しているのなら、世田谷区では独自に在宅医療電話相談センターがあります。

詳細へ

脊柱管の圧迫

カウンセリング

軽度の場合の治療方法

脊柱管狭窄症とは、脊柱管が圧迫される病気です。脊柱管は、手足につながる神経が多く通っている場所なので、ここが圧迫されると、神経が刺激を受けることになります。その結果、手足に痛みや痺れが生じやすくなりますし、進行すると手足そのものを動かすことが困難になるのです。脊柱管狭窄症は、ある程度進行している場合には、脊柱管を切開して広げるという手術で治療することが必要となります。ところが軽度のうちは、リハビリによって改善していくことが可能となっています。リハビリでは具体的には、お湯や遠赤外線で患部が温められたり、専用の機器で首や腰が上下に動かされたりします。こういったリハビリにより、脊柱管の形が徐々に整えられていき、神経は刺激を受けにくい状態になっていくのです。

痛みを抑えている間に

ただし痛みが生じていると、脊柱管狭窄症のリハビリをおこなうことは困難となります。そのような場合には、まずは痛みを抑える効果のある薬が処方されます。飲み薬のこともありますし、患部に貼るタイプの薬のこともありますが、いずれの場合も痛みは軽減され、リハビリをおこないやすくなります。薬の効果が出にくい場合には、神経ブロック注射がおこなわれることもあります。これは、一時的に神経の働きを抑えるという注射で、神経が刺激を受けても反応しにくくなるので、その間にリハビリをおこなうことが可能となるのです。また、脊柱管狭窄症は完治させることが難しい病気です。しかし症状がおさまってからもリハビリを続けることで、再発を防ぐことが可能となります。